Yasuhiro CHIDA Last update May/23/2016 Facebook twitter

 

 

 

□ infomation

2017 June. Metamorphose/gallery82/Nagano,Japan

2017 Apr. Solo exhibition/gallerycamellia/Tokyo

2017 Mar. Artist room/Koishiya-Ryokan/Nagano,Japan

 

2016 30 Sep.-15 Oct. Signal Festival/Plague,Czech

 

 

□ Biography

Born Kanagawa, Japan in 1977. Majored in Musashino Art University architecture course. Performed fieldworks, such as high mountain climbing or caving, and has made installation works on the theme of "the consciousness of space" and "change of somatic sensation". Ceating earth works in the forest called "Kalama park" as a life work Now in Japan.

 

武蔵野美術大学建築学科専攻。高所登山やケービングなどのフィールドワークを行い、「空間の知覚」と、「体性 感覚の変容」をテーマに空間を実体化する作品を制作。他、建築、舞台美術、空間演出等を行う。現在、長野県の山林に環境と一体となったアートパークを建設中。

 

 

□Archives

[Brocken 5.1]

Mira Chaloupka

2016 17-18 Mar.
Iron Wood
W4,000 D6,500 H3,000

Plzen 2015
BLIK BLIK - LIGHT FESTIVAL
Supported by EU-Japan Fest
photo:Mira Chaloupka/Yasuhiro Chida

Details >>

60,000 tiny holes in an object by the Japanese artist Yasuhiro Chida will create the illusion that Pilsen is flying through the night sky. Brocken effect is a phenomenon seen high in the mountains where the observer sees his own shadow surrounded by a rainbow. Yasuhiro Chida also emphasizes the value of the darkness, that is scarce especially in Japanese cities. His installation will accessible all day.

この作品はチェコ、プルゼニの郊外で展示された。現地で調達された建材で一辺4m、高さ3mの直方体を制作。壁面と天井に直径1mmの穴が約6万個あけられている。鑑賞者は中に入り、光の体験をする。外部からは照明と音響、プロジェクターによって[Evangelium]が投影された。建材細部の形状により、光が反射し複雑な効果が生まれ、鑑賞者が中を歩くことで光の瞬きが起きる。

2m29s

 

 

[1,443km/h]

2015 31 Nov. - 2016 21 Mar.
Wood,Iron,Glass,Coral
W:5,500 D:7,200 H:4,700

Space art festival
supported by Akada Co.,Ltd
Photo:Yohei Yamakami

Details >>

This project is actually realized on Tanegashima island in Japan. This is a contempolary art work, but also could be taken as a movie theater projecting the rotation of the earth, a chapel, ruins reflecting calculated solar altitude, a sundial, and an ark drifting the universe.
Visitors walk through glass fields then take narrow stairs to go inside the work. The inner space is completely dark. On the top, 1,040 pipes are attached to let in the sunlight. Each pipe's diameter is the same with the apparent diameter of the sun, and it's angle is strictly calculated to correspond the sun altitude of the location. Since the pipes are on a diffrent angle from each other, sunlight enters only from particular pipes at the same time. The pipe's bottom is coverd with various colored cracked glass balls. The sunlight coming through glasses get colord and draw patterns on the wall. As the earth rotates, the sunlight enters inside the work through one pipe after another. Then light patterns and colors refledted on the wall is changed every two minutes. The rotation of the earth can be experienced visually. The shape of the work is gyroelongated square bipyramid (sixteen-faced deltahedron), which is Johnson solids (J17).This shape receives sunlight efficiently and projects the changing light patterns remarkably.
Materials used to this work are familiar ones and produced locally, such as vinyl greenhouse frame, scaffolding plate, corals collected at nearby beach. Unexperienced space created with these materials encourages re-discovery of the value.
What significantly different from churches with staind glasses is that we see the light indirectly, not by seeing it through the staind glaesses, but by seeing light patterns reflected on the wall. The core of the work is a natural phenomenon such as sunlight and the earth's rotation. This work makes it easier to see them more consciouly. The concept is japanese "aesthetics of subtraction"
The title of the work is named from the earth's rotation speed of the site. Speed is a physical quantitiy defined by time and space, which are the two important dimensions composing the universe. The ground keeps still to our eye, but it is moving at supersonic speed when we put the earth in the center. Futhermore, thinking the sun in the center, we are moving in the universe at tremendous speed, where we cannot go back again. By changing points of view, we might be able to see things differently. This is a question brought up to our human-centerdsociety.
On the rainy day, pipes play various tone. The sound of waves caused by the moon gravity can be faintly heard. The work is to think of time, always passing by in this world, and light reaches from a distance with it's journy in the universe.

   北緯30度25分に位置する南種子町平山の作品設置場所は、地球の軸を中心に考えると時速1443kmで円運動をしています。これは音速を上回る速度ですが、太陽を中心に考えるとさらに速い速度で地球は移動しています。普段、地面は動かずいつも同じ場所で暮らしているように感じられますが、地球や太陽、銀河や宇宙を中心に考えると、私たちは猛烈な速さで広大な宇宙空間を漂流し、二度と戻れない場所を移動し続けているのです。
 この作品は、草原の中に建てられた建物に入り鑑賞する作品です。細い草の道を分け入り作品内部に入ると、光の像が現れます。上部には太陽の視直径と南種子町の太陽高度に合わせ、1040本のパイプが取り付けられています。細く長いパイプは太陽光を限定的に透過させ、中に嵌められた40色のガラスは光に異なる色と模様を与えます。これにより地球の自転が数分毎に変化し続ける映像へと変えられます。
 全体の形状は双四角錐半柱という、16の正三角形による多面体です。一年を通じて太陽光を取り入れられること、作品内部で光が伸び、微かな変化をより顕著に見せることを両立させています。
光を取り入れるパイプはビニルハウスの支柱から、壁面は建築現場の足場板から作られています。内壁は砂や貝、外壁は廃油で仕上げられ、床には広田海岸で集められた珊瑚が敷き詰められています。視点を変えることで、見慣れたものに別の価値を与えることは、宇宙の中の私たちの存在を見つめなおす視点にも通じるものです。
 月の引力による音楽-海の音を背景に、時間と空間という宇宙を構成する二つの次元によって定義される速度が描く、静かに移ろう光を眺めながら、私たちの暮らすこの世界に常に流れている時間や、遠くの星との関係に想いを馳せて頂けたらと思います。

 

 

[1,375km/h]

1375km/h

[Rokko meets art 2015] Prized
2015 12 Sep. - 23 Nov.
Wood,Iron,Glass
W:5,000 D:4,500 H:3,500
Mt.Rokko/Hyogo,Japan
Supported by Akada Industry

地球が回っていることを、光の体験として感じられる作品です。作品の上部には、207枚の太陽の視直径と同じ幅の細い窓があり、それぞれ違う色のガラスが嵌められています。太陽光は鮮やかな色ガラスを透かして、部屋の内側を染め、細かく分割されたスリットは、地球の自転を2分毎に色と形が変化する光の像へと変えます。鑑賞者は内部に入り、ベンチに座り鑑賞します。タイトルは六甲山の緯度の自転速度から付けられました。速度は空間と時間という宇宙を構成する大きな二つの次元によって定義される物理量です。軸を人ではなく惑星においてみること、私達の暮らすこの世界に、常に流れている時間や、遠い星との関係などに想いを馳せて頂けたらと思います。

 

 

 

[Myrkviðr]

Myrkviðr
2013 8 Feb.- 31 Mar.
Nylon thread,Aluminium,LED
W:6,000 D:12,000 H:4,000
Karuizawa New Art Museum/Nagano,Japan
photo:Yusuke KITAMURA
 

 

 

[3x1+]

2015 18 June. - 15Sep.
Nylon thread,LED,Aluminium
W:10,000 D:15,000 H:6,000

Viewing universe
Ise Cultural Council Prized
Shiga Kogen Roman Museum
Photo:Yohei Yamakami
model:Haruna Suzuki

Details >>

 この作品は一見、宇宙や天体の動きを再現したかのようですが、実際には何かを表している訳ではありません。人にとって最大の体験は何か。それが作品の目指すものです。そしてその可能性を探ることは人間の知覚の限界を探ることに繋がっています。
私は山岳や洞窟、建築などの空間に関するフィールドワークを行い、空間と時間、そして光と闇が体性感覚に与える影響を探っています。ここではその体験を基に、要素を極限まで削ぎ落とし、空間を構成しています。それが宇宙のイメージに似ることは、宇宙をみるマクロ的視点は具体的な事象を削ぎ落とした眼によるもだということを示しています。
 また、作り手は制作の中で、時に殆ど全ての労力を手仕事の痕跡を消すことに費やします(※1)。イメージのみを伝えるために、それがもとからあったかのようにみせるために。つまりそこには、手の跡が消えているものほど手がかかっている、という矛盾があります。近づいて良く目を凝らせば、そこに手の痕跡が見つかるかもしれません。それは遠い星を眺め、そこに生命の存在を想像する視点と、どこか似てはいないでしょうか。
 何も表していない点においても、この作品は宇宙と似ているでしょう。ここ で言う宇宙とは、大気圏の上の空間のことではなく、自ら然る存在-自然のことを指します。自然は何も表していないがゆえに、何も求めないがゆえに、人の介入を無条件に許容します。私は人でありながら自然に近いものを作りたいと考えています。人が擬似的に自然を作ることには意味があるでしょうか。人がその内部にある、自然の一部(※2)としての力を発揮しているとき、人はその人の内部に宇宙に触れたときのような感動をみるのだと思います。
※1、極小の作業の集積によって、全体が構成されていることも宇宙の構造に通じる。
※2、人体を構成する部品は星の内部で生まれたもの。

 


[900,000km/s]

[Viewing universe] Ise cultural council Prized
7/18-10/12 2015
Acrylic,stainless steel
W:401 D:211 H:59
Shiga Kogen Roman Museum Nagano Japan

Limited Edition.
Transparant version 19 piece/Black version 19 piece
¥150,001 each of both version. with box + ¥20,000

  これは宇宙最速を体験出来る作品です。真ん中の歯車を1秒に1回転の速さで回すと、5枚目は音速、7、8、9枚目はそれぞれ第1、第2、第3宇宙速度、14枚目は光速、最後の歯車は1秒で約90万㎞ (955,248 ㎞ ) の速さで回る構造になっています。これは光の速さ(299,792 ㎞ /s) の約3 倍で、宇宙が広がっていると考えられている速さです。しかし、真ん中の歯車を回そうとしても動きません。秒速90万㎞で歯車を回す為には、膨大な力が必要な為です。 また、物を光速に近づけるにはエネルギーが無限に必要になるため、 光速を超えることはありません。
 反対に最後の歯車を回すと、4枚目くらいまでの歯車がゆっくりと回って見られます。最後の歯車を132 億回(13,220,219,761 回) 回すと、真ん中の歯車が一回転します。光や、宇宙の広がる速さがどれほどのものなのか、 真ん中に向かって歯車がゆっくりになることから体感出来ます。
 この作品には、歯車の歯のエンボリュート曲線、歯車の円、歯車の配置の黄金螺旋と、3種類の曲線が用いられています。 また、作品の縦横高さ、歯車の歯の数は全て素数で作られており、 最後の歯車を132 億回回すまで、歯車の位置が同じ組み合わせになることはありません。

 

 

 

[Brocken 6]

Brocken 6

Brocken 6

2014
Iron,Wood,Stone
W:4,000 D:5,500 H:3,000

Shinano-Omachi Food and Art Corridor
Supported by Brantech Co,Ltd/Kyoto Art University
Photo:Yohei Yamakami

Details >>

This work uses simple procedures, such as drilling or stacking iron poles, whereas the combinations of slits on the outer side (lines) and pinholes on the inner side (dots) make complex light effection inside the room. As you getting closer to the walls, special technique of drilling holes allows you to see the light only around you. This phenomenon resembles to the Brocken phenomenon which can be observed in mountain area, and therefore the work named after it. Glitter in the sunlight, turn red in sunset, thouthands of light pillars appear in the morning fog and gently accept the moonlight. The darkness created by the work emphasizes the changes of the natural light.

 この作品は、穴を開ける、積むといった極めてシンプルな方法で作られています。しかし、外側のスリット(線)と、内側の小さな穴(点)の組み合わせにより、鑑賞者の動きに応じて光点がきらめき、内側の特殊な穴の加工は、壁に近づくと自分の周りの光だけを見せるなど、内部には複雑な光の空間が生まれています。これは山岳で見られる大気光学現象のブロッケン現象に似ていることから、作品は名付けられました。 陽光に輝き、雨に光点を瞬かせ、夕陽に赤く染まる。朝靄に無数の光の柱を現し、月の静かな光を受け入れる。作品によって作られた闇が、自然の光の無数の変化を際立たせます。

 


□ Kalama Park Project

 
   
Kalama Palace
2008-
Nagano Japan/長野県大町市

大町市の広大な森の中に、地形や環境と一体となったアートパークを建設中。過去の作品が恒久展示される他、場に合わせた新作や宿泊棟が広大な森の中に複数建設される。第一期完成2017年秋予定。


 
[Gene pool pool]
Geen pool pool Gene pool pool

[Behind ghost in the cell]
1/22-24 2016
Wood,Acrylic,DNA/木,アクリル,DNA
21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa JAPAN/21世紀美術館ギャラリー 石川
Team:We can explain little/殆どわからない

外側の大きな立方体は人間200人分の体積に等しく、偶発的な絶滅を回避し、ヒトという種を保つ為に、必要と考えられている最小の人数を表しています。
内側の小さな立方体は73億個の細胞の体積を表しています。実際に細胞を1億個集めて算出し、標本が封入してあります。
ヒトの最低限を表す大きな立方体と、全人類の最大限を表す小さな立方体が、四次元立方体を構成しています。




 
[Your box]
Your box Your box

Tent city #5/テント村 #5
12/5-13 2015
Wood/木
art and river bank Tokyo Japan/東京

あなたの大切な何かに合わせて、その場で木の箱を作ります。
制作パフォーマンスであり、一人芝居であり、行為の残像、最小の空間表現、または単なるオーダーメイドです。

2015年にパフォーマンスとして行われましたが、継続して注文を受け付けています。
・大きさは片手に乗る程度まで。(それ以上はご相談下さい。)
・樹種はブラックウォルナット、オイルフィニッシュ。
・料金は4,000円です。
・3ヵ月程お待ち頂きます。
ご注文はinfo@chidayasuhiro.comまで。




 
[Brocken In]
Please wait...

[Smart Illumination Midori] 中山幻影横丁
11/6-7 2015
Acrylic/アクリル
W:400 D:700 H:400




 
[Retina wave]
Retina wave Retina Wave

[Smart Illumination Yokohama 2015]
10/31-11/3 2015
EL,LED,Optical fiber,Magnet,acrylic/有機EL,LED,側面発光光ファイバ,磁石,アクリル
W:150 D:200 H:2,500
Zo-no-hana Park Yokohama Japan/象の鼻パーク 横浜

跳ぶと発電して光る縄跳び。網膜に1/10秒間、光の残像が残る。

 

 

 



 
[Bandneon x Guitar x Installation]
BGIBGI

3/20 2015
Glass,Acryl,Water,Nylon thread,Mirror thread,LED/ガラス、アクリル、水、ナイロン糸、アルミ蒸着糸、LED
W:8,000 D:4,000 H:3,000
Bar aquavite
舞台美術・演出
Photo:悦々




 
[Kalamatoria 02]
Kalamatoria 02 Kalamatoria 02

[Aich Arts Challenge] Prized
2/17-3/1 2015
Mirror thread/アルミ蒸着糸
W:30,000 D:20,000 H:14,000
Aichi Art Center 愛知芸術文化センター

太陽の動きと、鑑賞者の動きの中で瞬きとなって空間が現れる

延べ13km分の黒と鏡面の撚り合わされた糸が、吹き抜けの中空に、立体網目状に編みこまれています。その形状はホールの空間とその周囲の動線、セキュリティーのセンサー等から導き出されたものです。作品は建築内部の照明と自然光の反射によって現れ、時間と共に無数の変化を見せます。また鑑賞者の動きによって光の点は瞬きとなって現れます。言わば行為の中で現れる空間の彫刻です。




 
[Himaraya in the zelt]
Himaraya in the zelt Himaraya in the zelt

Tent city #4/テント村 #4
12/6-14 2014
Aluminium foil,Glass powder/アルミ箔 ガラス粉
W:700 D:1900 H:650
art and river bank Tokyo Japan/東京

山の中のテント、テントの中の山

テントの中の展示と聞いて、その場で思いついたことをそのまま形にした。このテントは現役で使用しているもので、昨年Mera Peakの最終キャンプ(5800m)でも張ったもの。山は架空の山で、今までに見た山の記憶から、山らしい何かを抽出して作られた。作品に動きはないが、縮尺を設定せずに作った為、見ている意識の中で縮尺上の変化が起きるだろう。 また作る中で、山は沢で作られているということを改めて思わされた。尾根と沢は必ず交互に現れ、全ての沢は合わさり街へ。全ての尾根は山頂でひとつになる。「ただ思いついたものを作った」のだが、作る過程の中で様々なコンセプトが現れた。

会期中「MY雪山を作る」ワークショップが行われた。




 
[Brocken Y]
Brocken Y Brocken Y

Smart Illumination Award "Audience Choice Artwork" Prized/スマートイルミネーションアワード オーディエンス賞
10/30-11/3 2014
Steal,Wood/鉄 木
W:4,000 D:4,000 H2,600
Zo-no-hana Park Yokohama Japan/象の鼻パーク 横浜
協賛:三洋工業株式会社

横浜の夜景と人の動きの間に瞬く光として現れる、都市が地上に降ろした星空を再び空へと還す試み。

夜景の印象的な横浜では、その明るさにより、空の星が見えにくくなっています。これは地上に星空を降ろしたと読み変える事も出来るでしょう。ここで作られているのは暗闇で、作品はもともとそこにある光です。闇によって地上に降ろした星を再び空へと還す試みです。内部では作品表面の特殊な加工によって、鑑賞者の動きに追従しながら無数の光の粒が瞬きます。それは星空を引き連れて歩くような体験を生みます。それが山岳で見られるブロッケン現象に似ている事からタイトルはつけられました。また、光を抑制することでより光と向き合える環境を提案しています。それは光のみならず情報や繋がりが溢れることで、反って浅い理解や希薄な関係に終始してしまっている現代において、遮断することにより対象と深く向き合う体験する貴重な場となるでしょう。[Brocken Y]は構造的にも、文字通り「都市の光と人の間」において成立するものです。都市の光の配置の必然性を、闇が際立たせ、鑑賞者の動きの中に初めて現れます。新たな照明技術を用いる上での前提として、都市-光-人、その関係性の在り方を端的に示しています。 光を中心に据えた、機能から必然的に生まれる素材と形状、空間は、自然現象の一部のように、都市空間に自然と受け入れられることでしょう。




 
[Teleceptor]
Teleceptor Teleceptor
3/8 2014
Mixed media/ミクストメディア
Monten Hall Tokyo/門天ホール 両国
宮木朝子 大石将紀 林原澄音 雪片 小阪淳
photo:Katuyuki ARAKI



 
[Mera Peak solo ascent]
Mera Peak
10/3-11/21 2013
Himalaya Nepal/ヒマラヤ ネパール
Details



 
[Myrkviðr 38.44R]
2013
Nylon thread,moon/ナイロン糸 月
Nagano Japan/長野
Kalama Palace Project






 
[Transparent Tree]
Transparent tree

2011
Nyron thread,Hot-melt adhesives/ナイロン糸 ホットボンド
W:1,800 D:1,800 H:2,500
Trucks bar Hakuba Japan/トラックスバー 白馬




 
[Kalamatoria 01]
Kalamatoria 01 Kalamatoria 01

9/4-26 2010
mixed media/ミクストメディア
W:5,000 D:15,000 H:3,500
Museum of Modern Art Toyoshina Nagano Japan/豊科近代美術館 長野
photo:Yusuke KITAMURA

Survey the meaning by using space. Light and objects, their shadow and invisible power such as the gravity, acts of appreciating them. Their objectives and meanings are sometimes related, sometimes not, and change the quality of space.

Thirteen various objects floating in the air and swinging by the wind of an air conditioner. Each of them has its own lighting of color and direction. Visitors appreciate them from the corridor or the stage one step higher than the floor.

空間によって意味を測量する。 光とオブジェクト、その影と引力などの目に見えない力、鑑賞する行為。 それらの方向性や意味がゆるやかにつながり、あるいは 無関係に空間の質を変化させる。

空中に13の様々なオブジェクトが浮かび空調により揺らいでいる。 それぞれに固有の色と方向を持った照明がされている。鑑賞者は周囲の回廊と一段高くなったステージから鑑賞する。




 
[Retina Light]
Retina light

9/4-26 2010
Floss silk,Motor,LED/綿 モーター LED
W:300 D:300 H:300
Museum of Modern Art Toyoshina Nagano Japan/豊科近代美術館 長野
Photo:Yusuke KITAMURA

Light is treated as the purest material. Light is certain existence more than space and time. There is inevitability that is the living thing by which the person relies on the sight. The light that exists only in living body.

Light is casted on the cotton rotating in high speed. The shape of the cotton becomes vague and turns to light's reflection. People sees the image of light remaining in their retinae.

最も純粋な物質として光を扱う。空間や時間より確かな光という存在、人が視覚に頼る生物である必然。生体の中にのみ存在する光。

高速で回転する綿に光があてられている。回転によって、物質としての輪郭は曖昧になり、光のみの存在になる。鑑賞者は網膜に残る光の像を見る。




 
[Dilwara]
Dilwara

Kobe biennale 2009 “Art in a Container International competition" Prized/神戸ビエンナーレ2009 アート・イン・コンテナ国際コンペティション 入賞
10/3-11/23 2009
Oil,LED/油 LED
W:2,350 D:2,380 H:12,000
Hyogo Japan/兵庫

The nature associates with people and express itself just being there. Therefore, it could be taken in any way and people sees "what they see" in it. That is like a mirror reflecting their mind. Overwhelming beauty, complexity and the law behind things. Shift those uncontrollable things to the work without controlling it. The work by hand without making is closely related to the nature. This is the relation of facing the nature directly. The work creates other relations between the artists and the nature, the artist and visitors, the visitors and nature through the work and among the visitors : "輪" ("wa", relations). Japanese sensibility, "和" ("wa", harmony), characteristics of ethnicity, is ultimate and remains even if expressions or techniques are removed. Pale blue light used in the work is one of the four colors, red, white, black and blue, recognized by Japanese from ancient times. Blue is the color related to beauty and also the color of the atmosphere covering the Earth that I feel most beautiful.

In a container of 40ft, 1000 litters of oil continues falling down from the ceiling like a waterfall. The falling oil looks still because of its viscosity. Close in light and time in the fluid. The sculpture formed by the oil falling down. A pool of oil spreads on the floor like a mirror and sways gently.

自然はただそこにあることで人と関わる。そして、ただそこにあることで表現をしている。 それ故にどのようにも受け取ることができ、人はそこに「自分の見たもの」を見る。それは内面を写す鏡のようである。 自然の圧倒的な美しさ、複雑さ、その背後にある法則。それらの捉え難いものを捉えないまま作品へと移行させる。 人の手によるが人の手によらない制作は、自然と親密な関係を結ぶ。そこには作者と自然の関わり、作者と鑑賞者の関わり、作品を介しての自然との関わり、作品を体験した人同士の関わり、自然と直に向き合う事とはまた違った「輪」が広がる。 本来の個性や民族性‐日本人の感性「和」‐は、表面的な表現や技法を外し、突き詰めたその先に残るものである。 作品に使われる青白い照明は、日本人が古くから認識していた四色「赤し」「白し」「黒し」「青し」のうちの一色で、美しさに関する色であり、また私が最も美しいと感じる、宇宙から見た地球の表面を薄く覆う大気の色である。

40ftの輸送用コンテナ内、1000Lのオイルが天井から滝のように流れ落ち続ける。流れるオイルはその粘性により静止して見える。流動的な物質の中に光と時間を閉じ込める。流れ落ち続ける液体によって形作られる液体の彫刻。底にはオイルを湛えたプールが鏡のように広がり静かに揺らいでいる。




 
[Three women/三人の女]
Three women Three women
6/18-21 2009
Mixed media/ミクストメディア
D souko Tokyo Japan/D倉庫 東京
Stage artwork



 
[The Dusk/この夜の訪れを]
The Dask The Dask

1/20-3/20 2009
nylon thread,iron/ナイロン糸 鉄
W:7,000 D:30,000 H:4,000
8 link studio Nagano Japan/長野

Let be conscious of big space with minimum materials. Handle light as material itself.

Polished like a mirror, 13 metal sticks of different length stand on the ground. Nylon threads of 3000 meters in total are put up to those sticks. There is an alley of white sand inviting into the work. The nylon thread come in sight in the air reflecting sunlight or moonlight. In the winter, the temperature goes down to -8C and the threads get snow, frost and icicles. As located by the side of a highway, lines of light move in the air along with car´s headlight.

最小限の部材で大きな空間を意識させる。光を純粋な素材として扱う。

鏡面に磨かれた長さの違う13本の金属の棒が地面にささっている。それを支えに3000m分のナイロン糸が張り巡らされている。中央に白い砂で描かれた道があり、内部に入ることができる。太陽や月の光に よってナイロン糸が宙に浮かび上がる。冬には氷点下8度まで下がるため、雪が積もり、霜がつき、つららが下がる。国道脇に設置され、車が通る時にはヘッドライトによって光の線が宙を動いていく。




 
[Sugargel]
Sugargel Sugargel

10/25 2008
Sugar,Sylop,Nylon thread,Iron/砂糖 水飴 ナイロン糸 鉄
W:2,000 D:2,000 H:2,000
gallery sora Tokyo Japan/東京
Photo:Yusuke KITAMURA

When density becomes limitlessly thin and reached to the limit that people can feel some kind of existence, material loses its materiality and remains only as texture.

Sprinkle melted sugar and japanese malt syrup to the base of iron and nylon thread. By using technique of making a sweet called "sucre filé", make 2-meter-cube of light. This work is edible.

密度が限りなく希薄になり、何らかの存在を知覚することができる限界に達したとき、物質から物が抜け落ちて質感だけが残る。

砂糖と水飴を溶かし、ナイロン糸と鉄で作られたベースに振り撒く。洋菓子のシュクル・フィレという技法によって一辺2mの光の立方体を作る。食べることも可能。




 
[Brocken」
Brocken Brocken

9/6-8 2008
Wood Plasterboard ALC/木 石膏ボード  軽量コンクリート
W:5000 D:250 H:2500
gallery sora Tokyo Japan/東京
Photo:Kota KISHI

Make the work without constructing. A breath before returning to the earth. The work appears in the process of destruction. Make this work not by adding or painting things but in a process of destraction of the building.

Make holes on the walls to take in the sunlight. The outer wall has columnar holes of 25mm in diameter. The inner wall has conular holes and their tips pierce the wall. By double walls and the specific shapes of the holes, light brinks along with the movement of people and tine when people come closer to the walls.

構築する作業をせずに作る。土へ還るまでの一呼吸。壊す過程の中で現れる作品。

gallery soraの建て替えの際のプロジェクト。作る塗るなどの加える作業をせず、壊す過程の中で作品を成立させる。壁面に穴をあけ外光をとりこむ。外壁に直径25mmの円柱状の穴を、内壁には円錐状の穴を開け、円錐の先端のみ僅かに貫通させる。二重の壁と特殊な穴の加工によって鑑賞者の動きによって光が瞬き、近づくと光は消える。ブロッケン現象に似た体験ができる。




 
[Layline]
Layline

9/6-8 2008
Iron/鉄
W:1500 D:1500 H:180
gallery sora Tokyo Japan/東京

The texture of the space, the volume of light.
How far can people be perceptive of the space?

A project of rebuilding the gallery sora. Make this work not by adding or painting things but in a process of destraction of the building. Open innumerable holes on the ceiling and let the sun make a pillar of light. The holes are from 0.8mm to 1.2mm so that raindrops do not go through. When clouds pass, their forms are projected to all of the light circles on the floor on the principle of the camera obscura.

空間の質、光の体積。
空間を見る、知覚することは可能か。

gallery soraの建て替えの際のプロジェクト。作る塗るなどの加える作業をせず、壊す過程の中で作品を成立させる。天井に無数の穴を開け、外光を取り入れ、
無数の光線によって光の柱を作る。穴は直径0.8mmから1.2mm。雨は入らない。太陽の前を雲が通ると、床に落ちた無数の光の円の中すべてに、ピンホール
カメラの原理により雲の形が映りこむ。




 
[Hilbert]
Hilbert

5/11-18 2008
Reed Resin Wood LED Motor/葦 樹脂 木 LED モーター 
W:6,000 D:12,000 H:3,000
Rokuzan art museum hall Nagano Japan/碌山公園研成ホール 長野
企業メセナ協議会助成認定 協賛: 市民タイムス 福源酒造

As fish does not notice being in the water, it is difficult for us to perceive space being in it. We could boil or drink water since we are out of the water. In this sense, we could use "space" when we are conscious about the situation out of space, and when we have the image of it.
To perceive the situation out of space, something equivalent or certain than space would be the clue: such as light,time or gravity.

A cave whose inner is coverd by fluffs of about 8,000 reeds is installed in a dark room. A semitransparent board of 7 meters floats in the air. The board slightly vibrates and its outline becomes vague. Light is casted on the board and its reflection and shadow gently merge into the fluffs inside the cave.

水の中にいる魚が水に気づかないように、空間の中にいると空間を知覚するのは難しい。水の外にいることで、水を飲んだり沸かしたりそれを扱うことができる。空気のない真空の状態があるように、空間のない状態というものを意識し、イメージし知覚することによって、私たちが当たり前のようにいる空間というものの外へ出て、空間を扱うことができるようになる。空間のない状態を感覚する為には、空間と比べ同等、もしくはより確かなもの、即ち光や時間、重力が手がかりとなる。

暗室化された会場内に約8000本の葦の綿毛による洞窟を設置。空中に七mの半透明の板が浮かぶ。板は微かに振動しその輪郭は曖昧になる。板に光が当てられ、影とその反射光は静かに綿毛の内壁へ柔らかく溶けていく。




 
[Aurora]
Aurora

6/15 2004
Aluminium LED/アルミ LED
W:4,000 H:4,000
Maeda hall Kanagawa Japan/神奈川
音楽:宮木朝子 曽我部清典

Completely darkened concert hall. Design space by projecting light in analog technique like aurora which synchronize with the contemporary music composed by trumpet and piano.

完全に暗転したコンサートホール内、トランペットとピアノで構成された現代音楽に合わせ、アナログな手法により音にシンクロしたオーロラ状の光を投影し、空間を演出する。




 
[Homura/冷たい熱-水のほむら]
Homura

3/24-4/4 2004
Electronic flash,Water,Wood/ストロボ 水 木
W:3,700 D:9,500 H:2,700
photographers' gallery
another photographers' gallery‐1
企画:photographers' gallery 北島 敬三 北折智子 技術協力:飯田修一(現代建築研究所) 大関化学工業 制作協力:岸幸太 宣伝美術:石井理恵
Photo:Yusuke Kitamura

Fill water in a gallery and make artificial rain and fog. With the effect of strobe, light drops look floating in the whole gallery. A pier to the center of the room let visitors experience being surrounded by light drops. Fog turns like to be solid body and the borders between material and non-material or light and darkness become vague and then disappear.

ギャラリー内に水をはり、人工の雨、霧、を作る。ストロボライトの残像効果により、会場内全体に光の粒が浮遊して見られる。中央には水の中に消えていくように道が設置され、鑑賞者は光の粒のに囲まれる体験をする。霧は照明により固形化し、物質と非物質、光と闇の境界が曖昧になり消失する。


 
[Kalamatoria 00]
Kalamatoria 00

2003
Balloon,Helium gas,Chemistry luminous/風船 ヘリウムガス 化学発光体
Tama River Tokyo Japan/多摩川 東京

The space where the ball of lights change its position and form continuously.

Hundreds of lights flying in the sky. Chemical luminous body is in each semitransparent balloon which is in each transparent balloon. Alumimihifumi, a dancer of Hong Kong, performed among the balloons released one after another.

絶えず位置の変化する光の点、形状が変化し続ける空間。

数百の光の球を空に飛ばす。透明な風船の中に半透明の風船が入り、その中に化学発光体が入っている。次々と風船が飛ぶ中、香港のダンサーalumimihifumi
による舞踏が行われた。




 
[Hagakure/葉隠]
Hagakure

2003
Sand/砂
W:900 D:900 H:4,000
club cube

Since there is time, there is life, emotion changes. External time is connected to the internal one of the art.

Sand of 100kg continues falling down to the center of the room from 4 meters in height for 6 hours. A mountain of the sand piles up calmly on the floor where had nothing on it. Each grain of sand is even.

時間の流れによって感情が流れ生命が流れる。美術の内的な時間に外的な時間を加える。

会場中央、高さ4mから100kgの砂が6時間に渡って流れ落ち続ける。何もないところに砂の山が静かに作られていく。砂は厳密に粒が揃えられている。




 
[南海のオルフェウス]
Orpheus

2003
Wood Cavaquinho/木 カバキーニョ
Okinoerabu-shima Kagoshima Japan/沖永良部島 鹿児島
芸術振興基金助成 総合演出:今福龍太 音楽:宮木朝子 吉増剛造 高橋悠二 中村達也 雪片
Photo:Asako MIYAKI

The outdoor pilgrimage drama at Okinoerabu-jima, an island made of upheaval coral in Amami Islands. Performers visited five places in the island and composed the drama in the motif of Orpheus by reading, dancing or playing music extempore.
Played the Cavaquinho, a stringed musical instrument of Brazil, and designed the the last stage at Okidomari beach.

奄美列島の隆起珊瑚の島、沖永良部島において行われた野外巡礼劇。島内の5つの場を参加者と共に巡りながら即興的に朗読やダンス、音楽を行い、オルフェ
劇をモチーフに舞台が構成された。劇中においてブラジルの弦楽器カバキーニョの演奏と、最後の舞台、沖泊海岸において空間演出を行う。




 
[Space of moment/瞬間という空間]
Homura

2002
Electronic flash Water Wood/ストロボ 水 木
W:5,000 D:6,000 H:3,700
Space mu Tokyo Japan/東京
Live:高橋 pierre

An extremely short time that we call a "moment" is perceived as space. Eternity would exist in the different notion than the flow of time, but in space; a moment out of time.

Ir rains in grids in a gallery, and an afterimage is left by strobe. Visitors measure space by grains of light floating in equal distance.

瞬間と呼べるような限りなく短い時間は空間として意識される。永遠というものがあるのならば、それは流れる時間とは別の概念、非時間軸である瞬間‐空間の中にあるのではないだろうか。

ギャラリー内にグリッド状に雨が降り、ストロボライトにより残像が残る。観客は等間隔に浮遊する光の粒によって、空間を計測する。




 

[超低周波音による変性意識体験装置]

SLFS

2002
Wood Ivy Straw Motor/木 蔦 藁 モーター
W:1,200 D:2,200 H:1,200
TDA Tokyo Japan/東京

The five senses are affected by mental conditions, since they have directivity. It functions universally and becomes one of the indicator of spirits to appeal person's conscious without being dependent on the senses.

Go into the cocoon of ivy of about 2meters in diameter and experience ultra-low-frequency sound made by the wind coming through the device set up on the upper part of the cocoon. We can change the sound from audible range to ultra-low-frequency (50Hz to 12Hz). The ancient shaman used the sound to transform his conscious in the "Maze How" : the ruin where he created the ultra-low-frequency sound.

五感は指向性を持つために、その機能は精神状態に左右される。五感によらず意識に影響を与えることは鑑賞者の状態に依存せず、普遍的に機能し、精神の一つの指針となる。

直径約2mの蔦の繭の中に入り、上部に設置された風によって超低周波音が発生する装置を体験する。手元のコントローラーによって、可聴域から超低周波音(50Hzから12Hz)まで調整することが可能。古代シャーマンは超低周波音が発生するよう建造された遺跡‐メイズハウにおいて、その音を用い意識を変容させていた。

 

□ Works

/Prized
2015 [1,375㎞/h] Rokko Meets Art Prized/supported by Akada Industry Co.,Ltd
2015 [Viewing Universe] Ise Cultural Fundation Prized
2015 [Brocken 6x] Arte Laguna Prize Finalist
2015 [Kalamatoria 02] Aichi art challenge prized/supported by Sangyou suply
2014 [Brocken Y] Smart Illumination Yokohama "Audience choice prized"
2014 [Brocken 6] Shinano-Omachi Food and Art Corridor
2009 [Dilwara] Kobe Biennale International competition Prized
2007 [Sahou] Visual Art of Silk Prized
2007 [Hidamari] Minowashi Light Art festival Prized

/Exhibition
2016 [Brocken 5.1] Signal festival - Prague, Czech Republic
2016 [Brocken 5.1] BLIK BLIK light festival - Pilsen, Czech Republic
2016 [Gene Pool Pool] Behind Ghost In the Cell - 21 Century Museum gallery
2015 [Your box] tent city#5 - art and river bank,Tokyo
2015 [1,443km/s] Space Art Festival - Tanegashima
2015 [Brocken In] Smart Illumination Nakayama,Yokohama
2015 [Retina Wave] Smart Illumination Yokohama,Kanagawa
2015 [3x1+/300,000km/s] Viewing universe - Shigakogen Roman Museum,Nagano
2014 [Himaraya in the zelt] tent city#4 - art and river bank,Tokyo
2013 [Myrkviðr 38.44r] Kalama park,Nagano
2013 [Myrkviðr] Yasuhiro Chida Installation - Karuizawa New Art Museum,Nagano
2010 [Kalamatoria 01/Retina light] Toyoshina Modern Art Museum,Nagano
2009 [The Dusk] 8 link studio,Nagano
2008 [Sugargel] gallery sora,Tokyo
2008 [Brocken/Layline] gallery sora,Tokyo
2008 [Hilbert] Rokuzan Prak Hall,Nagano/supported by Citizen Times
2006 [deposit meeting] art and river bank,Tokyo
2004 [Homura] Photographer’ s gallery,Tokyo
2003 [Kalamatoria 00] Tama River Bank (arumimi hifumi),Tokyo
2002 [Space of moment] Space mu,Tokyo
2002 [Ultra low freequency sound] TDA,Tokyo

/Stage work/Space design
2015 [Bandneon x Guitar x Installation] Bar aquavite,Nagano
2014 [Teleceptor] Monten Hall,Tokyo
2011 [Transparent tree] Tracks Bar,Nagano
2010 [Three women] D Warehouse,Tokyo
2006 [Sunset box] Tokyo
2004 [Aurora] Avante Garde Trumpet - Maeda Hall,Kanagawa
2004 [Zuyua 4th wave] Club cube,TOkyo
2004 [PMPS around Tat Ming Pair Live] Hong Kong
2003 [Hagakure/葉隠] Club Cube,TOkyo
2003 [Orpheus] Okino-erabu,Kagoshima

/Workshop
2016 [Dancing universe] Zou-no-Hana Terrace/Yokohama
2016 [Darkness in your room] Zou-no-Hana Terrace/Yokohama
2015 [My star] Hirota site Museum/Tanegashima,Japan
2015 [Make Universe] Smart Illumination Nakayama/Yokohama
2014 [My snow mountain] art and river bank/Tokyo
2014 [Nature camera] Shinano-Omachi Food and Art Corridor/Nagano,Japan
2013 [Make by break] Karuizawa New Art Museum/Nagano,Japan
2010 [Usual art] Toyoshina Modern Art Museum/Nagano,Japan
2010 [To see unvisible thing] Toyoshina Modern Art Museum/Nagano,Japan

 

/受賞
2015 [1,375㎞/h] 六甲ミーツアート/協賛:赤田工業株式会社
2015 [宇宙をみる眼展] イセ カルチュラルファンデーション
2015 [Brocken 6x] アルテラグーナ賞 ノミネート
2015 [Kalamatoria 02] あいち アーツチャレンジ/協賛:サンギョウサプライ
2014 [Brocken Y] スマートイルミネーション横浜 オーディエンス賞/協賛:三洋工業
2014 [Brocken 6] 食とアートの回廊 共催:原始感覚芸術祭/助成:京都造形芸術大学
2009 [Dilwara] 神戸ビエンナーレ国際コンペティション
2007 [作法] 真綿のヴィジュアルアート展
2007 [Hidamari] あかりアート展

/展示
2016 [Brocken 5.1] Signal festival - プラハ、チェコ 
2016 [Brocken 5.1] BLIK BLIK light festival - プルゼニ、チェコ 
2016 [Gene Pool Pool] Behind Ghost In the Cell -金沢21世紀ミュージアムギャラリー
2015 [Your box] テント村#5 - art and river bank
2015 [1,443km/s] 宇宙芸術祭 - 種子島 協賛:赤田工業株式会社
2015 [Brocken In] なかやま幻影横丁
2015 [Retina Wave] スマートイルミネーション横浜
2015 [3x1+/300,000km/s] 宇宙をみる眼展 - 志賀高原ロマン美術館
2014 [Himaraya in the zelt] テント村#4 - art and river bank
2013 [Myrkviðr 38.44r] カラマパーク
2013 [Myrkviðr] 千田泰広インスタレーション展 - 軽井沢ニューアートミュージアム
2010 [Kalamatoria 01/Retina light] 文化体験プログラム展 - 豊科近代美術館
2009 [この夜の訪れを] 8 link studio
2008 [Sugargel] gallery sora
2008 [Brocken/Layline] gallery sora
2008 [Hilbert] 碌山ホール/企業メセナ協議会助成認定 /協賛:市民タイムス・福源酒造
2006 [deposit meeting] - art and river bank
2004 [冷たい熱-水のほむら] 個展 - Photographer’ s gallery
2003 [Kalamatoria 00] 個展 - 多摩川 (arumimi hifumi)
2002 [Space of moment/瞬間という空間] 個展 - Space mu Tokyo Japan/東京
2002 [超低周波音による変性意識体験装置] - TDA Tokyo Japan/東京

/空間演出
2015 [Bandneon x Guitar x Installation] 空間演出 - Bar aquavite/長野
2014 [Teleceptor] 空間演出- 門天ホール (宮木朝子 大石将紀 林原澄音 雪片 小阪淳)
2011 [Transparent tree] 空間演出 - Tracks Bar/白馬
2010 [Three women/三人の女] 舞台美術 - D倉庫/東京
2006 [夕陽の箱] ル・クレジオの群島 作品提供
2004 [Aurora] Avante Garde Trumpet 空間演出 - 前田ホール (宮木朝子 古川聖)
2004 [Zuyua 4th wave] - Club cube
2004 [PMPS around Tat Ming Pair Live] 楽曲提供/香港
2003 [Hagakure/葉隠] 空間演出 - Club Cube
2003 [南海のオルフェウス] 空間演出 芸術文化振興基金助成/沖永良部島(今福龍太 吉増剛三 高橋悠治 宮木朝子 中村達也)

/ワークショップ
2016 [宇宙ダンス] 象の鼻テラス/横浜
2016 [くらやみ in Your Room] 象の鼻テラス/横浜
2015 [My星空を作ろう] 廣田遺跡ミュージアム/種子島、鹿児島
2015 [宇宙作れます] なかやま幻影横丁/横浜
2014 [My雪山を作ろう] art and river bank/東京
2014 [森カメラ] 食とアートの回廊/長野
2013 [壊すで作る] 軽井沢ニューアートミュージアム/長野
2010 [見飽きたアート] 豊科近代美術館/長野
2010 [見えないものを見る] 豊科近代美術館/長野

 

 

□ Contact

dajemer@yahoo.co.jp

© 2014 Studio Kalama